メディカルカフェ


['2013.3.4 (Mon.)']  open 18:00〜~ / start 18:30〜

米井嘉一先生 同志社大学大学院生命医科学研究科教授
アンチエイジングリサーチセンター教授


ズバリ!「抗糖化」で美肌は甦る!!
〜糖化の基本と最新情報〜


講話内容について米井先生からメッセージをいただきました!

皆様は、糖化ストレスという言葉を聞いたことがありますか? おそらく多くの方々が知らない言葉だと思います。しかし、私たちの健康を考えるうえでとても大切な考えなので、この言葉を是非とも知って欲しいと思います。
「糖尿病は万病のもと」という言葉があります。糖尿病は症状はありませんが、白内障や網膜症を起こしたり、動脈硬化や腎臓病を起こしたりして、最終的には失明に至ったり、透析のお世話になることもある怖い病気です。どうしてそうなるかと言えば「糖化ストレス」が原因です。血糖が高いために「糖化ストレス」が強くなる、これはわかりやすいでしょう。そして、「糖化ストレス」は肌の老化原因にもなっています。だからこそ「抗糖化」で美肌を取り戻せることができるのです。
糖化ストレスの原因は血糖だけではありません。最近の日本人の急増中のメタボリックシンドローム、俗にいうメタボ。これはおなかに内臓臓脂肪が貯まることによって、中性脂肪が増え、動脈硬化が進む状態です。これも「糖化ストレス」が原因です。血糖だけでなく中性脂肪も悪さをするのです。
それではお酒はどうでしょうか。アルコールがアルデヒドに代謝されることによって、やはり「糖化ストレス」が強まるのです。

私たちの研究室では現在「糖化ストレス」研究に主眼をおいています。今回のセミナーを通じて「糖化ストレス」の怖さを理解していただき、「どのように対処すれば良いか」を学び、美肌を蘇らせましょう。

ゲスト紹介 同志社大学大学院生命医科学研究科(京田辺市)教授として、研究に尽力するほか、抗加齢医学を日本に紹介。
2005年、日本初の抗加齢医学の研究講座である同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授に就任。2008年同志社大学生命医科学部教授に就任すると共にアンチエイジングリサーチセンター教授も兼任。
日本で数少ない「抗加齢医学」医療を実践する医師として、客観的データとノウハウを蓄積している。また抗加齢医学に基づいた、サプリメント、健康食品、理学療法機器などの臨床試験も行っている。
最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。2011年に開設された同志社大学糖化ストレス研究センターにおいて糖化ストレスマーカーの開発や抗糖化素材の開発に注力している。

<主な著書>
「抗加齢医学入門」 (慶應義塾大学出版会)
「抗加齢医療 その最前線の実際」 (新興医学出版)
「糖化による疾患と抗糖化食品・素材」 (シーエムシー出版)
「アンチエイジングのすすめ」(青春出版社)
「いつも元気な人の100の習慣」(KKベストセラーズ)
「なまけ者でも無理なく続く77の健康習慣」
(ソフトバンククリエイティブ)
「『抗糖化』で何歳からでも美肌は甦る」
(メディアファクトリー)
ファシリテーター はかまたかずこ(メディカフェ・イベントプロデューサー)
受付開始時間 18:00〜
セミナー開始時間 18:30〜
場所 HUGS
名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー1F
入場料金 ¥5000(free drink&おつまみ代含む)
詳しくは、Reservation画面をご覧下さい。