メディカルカフェ

本日、皆様にお配りしたレジメの中(最後)にありました「認知症度」について、ご説明いたします。(奥村先生監修)

③④⑤に一つでも当てはまった方は、すでに認知症を発症している可能性(認知症度)は70〜80%。⑥〜⑨のような症状が1日に5〜6回見られるのであれば50〜60%。①や②、⑥〜⑨のような症状が1日に2〜3回ある程度なら、年相応のもの忘れ、認知症度はまだ低いと言えます。

とはいえ、あなたのいまの状態が、認知症度が低かったとしても油断はできません。単なるもの忘れは、脳の「警告サイン」。「情報過多で、不安にさらされた私たちの脳が悲鳴を上げているサインの一つが『もの忘れ』なのです。中高年に起こる単なるもの忘れであっても、このサインを無視し続けると、健康が蝕まれ、正真正銘の認知症が待っているのです」(奥村先生からのメッセージ)
['2014年10月20日 (Mon.)']  open 18:30〜~ / start 19:00(予定)

奥村歩先生 おくむらクリニック院長


心配な ”もの忘れ”、心配じゃない ”もの忘れ”
〜 森を見るように、患者を診る 〜



 ある調査で40代以上の女性で気になる悩みは?との問いに
 「もの忘れ」が一番だったという結果が出ているそうです。

 その時々によって気になることは変わりますが、男女関係なく
 昨今「認知症」への意識が非常に高まっていることだけは間違いありません。

 気になるのは40代以上という年齢。
 そうなんです。”認知症予備軍”(MCI)と言われる状態に注目が集まっているのです。

 そうした意識の高まりに応じて情報も溢れるわけで、
 果たして皆さんが知る「認知症」やMCI情報は、正しいかそうでないか。
 「えっと…」
 それこそ質問されて頭が真っ白、ていう感覚ではないでしょうか。

 「わたし最近、もの忘れがひどくて…」
 「認知症って回復するの??」

 基本的な疑問や不安が、次から次へと出てきますよね。

 そこで、メディカフェでは「もの忘れ外来」の専門医・奥村歩先生をお呼びし
 エビデンスに基づいた情報をわかりやすく解説していただきながら
 皆さんのモヤモヤをスッキリさせる企画を設けました。

 脳のメカニズムをはじめ、今すぐ始められる生活習慣改善法や予防法を、
 そして、毎日100人以上の患者さんを診ていらっしゃる奥村先生ならでは
 ”もの忘れ外来”最前線のお話を伺おうと思います。

 テレビや媒体で話題となっている”認知症予備軍”(MCI)。
 そのエキスパートでもいらっしゃる奥村先生と直接お会いしお話を伺えるチャンス!
 劇場型のメディカフェにて、皆様のご来場をお待ちしています。

 知ってるつもりの「認知症」、真の姿が明らかになる夜です!!

ゲスト紹介 <略歴> 昭和36年12月13日生

昭和63年   岐阜大学医学部卒業
平成10年3月 岐阜大学大学院医学博士課程修了
       テーマ/認知機能の神経画像解析にて医学博士取得
平成10年4月 North Calorina Neuroscince Institute に留学
平成12年1月 岐阜大学附属病院脳神経外科 病棟医長併任講師
平成20年7月 おくむらクリニック開設
       木沢記念病院脳神経外科部長
       岐阜大学客員医学講師

現在、脳神経外科医の視点から
「もの忘れ外来」を中心とした認知症診療を展開している。
岐阜にある「もの忘れ外来」には、
全国から毎日平均100人が受診している。
今までに2万人以上の認知症の診療経験がある。

研究テーマは、認知症の症候学・高次脳機能の神経画像解析

脳神経外科学会(評議員)
日本認知症学会(認定専門医・指導医)
アルツハイマー病研究会(運営委員)
日本磁気共鳴学会・日本うつ病学会・日本核医学会
(PET認定専門医)他の学会に所属。


一般向けに認知症の予防・早期発見・治療を啓蒙する
出版・講演・テレビ出演
最近では、あさイチ・家族の医学・NHK認知症フォーラム
・エチカの鏡・NHK ETV特集・主治医が見つかる診療所などが多い。

出版では「もの忘れ外来100問100答」など
認知症シリーズは累計15万部超。
ファシリテーター はかまたかずこ(メディカフェ・プロデューサー)
受付開始時間 18:30〜
セミナー開始時間 19:00(予定)
場所 HUGS
名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー1F
入場料金 5000円 *詳細は Reservation 画面をご覧下さい。